メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁護士 訴訟放置1年半「資料を紛失」 300万円で和解

 残業代の支払いを求める訴訟を起こすよう依頼したのに弁護士が1年半にわたって放置し、一部が時効になったとして、60代の夫婦が大阪弁護士会の男性弁護士に約800万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、弁護士が300万円を支払うことで和解していたことが19日、分かった。弁護士は不適切な処理をしたことを認め、夫婦に謝罪した。

     和解は14日付。訴訟記録によると、夫婦は2011年5月から約1年間、関西電力の保養所(神戸市)で支配人として住み込みで働いた。関電の委託業者は残業代を支払わないまま、保養所の閉鎖に伴って雇用契約を中途解約した。

     夫婦は12年7月、業者との交渉を弁護士に依頼。中途解約に伴う補償交渉を優先し、残業代については後で提訴する予定だった。しかし補償交渉がまとまり、夫婦が弁護士に報酬を支払うと、連絡がつかなくなった。

     事務所を通じて催促すると、弁護士は「裁判用の資料を持ち帰り、紛失してしまった」と告白。結局、残業代の請求訴訟を提訴したのは依頼から1年半後の14年1月で、既に一部が時効(2年間)に。残業代735万円のうち300万円しか得られなかったという。【遠藤浩二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
    2. ORICON NEWS テレビ東京、大みそかの夜に『孤独のグルメ』 異例のドラマ放送&生中継も実施
    3. 大相撲 稀勢の里休場へ 九州場所
    4. 下村元文科相党支部 政治資金で自著購入 1900冊分
    5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]