弁護士

訴訟放置1年半「資料を紛失」 300万円で和解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 残業代の支払いを求める訴訟を起こすよう依頼したのに弁護士が1年半にわたって放置し、一部が時効になったとして、60代の夫婦が大阪弁護士会の男性弁護士に約800万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、弁護士が300万円を支払うことで和解していたことが19日、分かった。弁護士は不適切な処理をしたことを認め、夫婦に謝罪した。

 和解は14日付。訴訟記録によると、夫婦は2011年5月から約1年間、関西電力の保養所(神戸市)で支配人として住み込みで働いた。関電の委託業者は残業代を支払わないまま、保養所の閉鎖に伴って雇用契約を中途解約した。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集