メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

444 ブラックホールの撮影

世界せかい7かしょ一斉いっせい

 ブラックホール--なんだか言葉ことばいただけでムズムズする不思議ふしぎ天体てんたいですね。そのにはえないはずのブラックホールの「撮影さつえい」にいどはじめた科学者かがくしゃたちがいます。

     みなみアメリカ・チリのALMAアルマ望遠鏡ぼうえんきょうは、アンデス山中さんちゅう標高ひょうこう5000メートルの高原こうげん建設けんせつされた、日本にっぽんがリードする国際こくさいプロジェクトです。これは日本にっぽん開発かいはつした12だいのパラボラアンテナに、アメリカとヨーロッパが開発かいはつしたアンテナをくわえたけい66だい協力きょうりょくさせて、ひとつの超高性能ちょうこうせいのう電波望遠鏡でんぱぼうえんきょうとして運用うんようする画期的かっきてき計画けいかくです(写真しゃしん)。

     そのALMAアルマが4がつから、世界中せかいじゅう分布ぶんぷしている各国かっこくのたくさんの電波望遠鏡でんぱぼうえんきょうちからわせて、「ブラックホールの撮影さつえい」という難題なんだいはじめました。数多かずおおくの望遠鏡ぼうえんきょう観測かんそくたくみにわせて、地球ちきゅうサイズ(直径ちょっけいまん3000キロメートル!)の巨大きょだい電波望遠鏡でんぱぼうえんきょう観測かんそくしたのとおなじくらい素晴すばらしい解像度かいぞうどします。たとえば、月面げつめんいた1円玉えんだま地球ちきゅうから見分みわけられるほどの視力しりょくだそうですから、すごいですね。

     かれらがいどむのは、わたしたちがぞくするあま川銀河がわぎんが中心ちゅうしんひそ超巨大ちょうきょだいブラックホールの「かげ」をうつすこと。このブラックホールは、銀河系ぎんがけい片田舎かたいなかにある地球ちきゅうからやくまん6000光年こうねんはなれていて、質量しつりょう太陽たいようやく400万倍まんばい直径ちょっけい太陽たいようやく17ばい推定すいていされています。

     銀河系ぎんがけいちに決定的けっていてき役割やくわりたしているこのお天体てんたいには、つよ重力じゅうりょく影響えいきょうで、周囲しゅういのガスが高速こうそく回転かいてんしながらまれています()。その円盤状えんばんじょうのガスを各地かくち一斉いっせい観測かんそくすることで、このなぞちた暗黒あんこく天体てんたい姿すがたかびがらせる--。成功せいこうすれば、超巨大ちょうきょだいブラックホールの存在そんざいはじめて「直接的ちょくせつてきに」確認かくにんする快挙かいきょとなるでしょう。

     世界中せかいじゅう望遠鏡ぼうえんきょうが、同時どうじにターゲットを観測かんそくしなければなりません。日本にっぽん主導しゅどうするチリのALMAアルマは、参加さんかする望遠鏡ぼうえんきょうなかでは最大さいだいで、感度かんどがすぐれているので、観測かんそく成功せいこうさせる非常ひじょう重要じゅうようかぎにぎっています。


    的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた「宇宙博士うちゅうはかせ」。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅ


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだんYACヤック

     年齢ねんれい性別問せいべつとわず、宇宙うちゅう興味きょうみがあればだれでも団員だんいんになれます。 http://www.yac-j.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
    2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
    3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
    5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです