メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず

 [フォートローダーデール(フロリダ州) 19日 ロイター] - 米フロリダ州で開催中のプロテニス・トーナメントのサラソタ・オープンで19日夜、試合中に近隣住宅から明らかに性行為中と思われる「喘ぎ声」が聞こえてきてプレイヤーが集中できず、試合が妨害される出来事があった。

 テレビ中継もされていたこの試合で、対戦していたのは地元米国のフランシス・ティアフォーとミッチェル・クルーガー。

 ユーチューブに投稿された動画によると、クルーガーが声の方角にテニスボールを打ち込んだが効果はなく、ティアフォーがサーブを打とうとすると喘ぎ声はさらに大きくなり観客の笑いを誘った。

 観客の女性が、隣の席の男の子に手で耳を塞ぐよう促す様子も映っている。

 テレビの実況アナウンサーは「少なくとも誰かが楽しい夜を過ごしているのは間違いないようです」とコメント。試合はティアフォーが勝利した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア 性格は恥ずかしがり屋 チェンにインタビュー
  2. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
  3. クローズアップ2017 今村復興相辞任へ 政権「ゆるみ」深刻 首相、擁護で傷口広げ
  4. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
  5. 今村復興相 パーティーで「東北で良かった」発言 辞任へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]