メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆犠牲者慰霊平和祈念碑

長崎へ祈りささげられる位置に移設 北九州・小倉

原爆犠牲者慰霊平和祈念碑(奥)の前でテープカットする田上富久長崎市長(右から2人目)ら=北九州市小倉北区で2017年4月21日午前、奥田伸一撮影

 北九州市小倉北区の勝山公園にある「原爆犠牲者慰霊平和祈念碑」が移設された。同地を訪れた人たちが被爆地の長崎市の方角に向かって祈りをささげられる位置に動かされた。21日、移設記念式典があり、長崎市の田上富久市長らも出席し、長崎に原爆が投下された午前11時2分に合わせて黙とうした。

 原爆は長崎に投下されたが、米軍の当初の目標が小倉だったことなどから、1973年に勝山公園に碑が建立された。…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです