メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

今年も発売 函館と青森・弘前、友好の日本酒 /北海道

2年目の「巴桜」を手に笑顔を見せる、(左から)北村社長、1人置いて工藤市長、立蔵さん=函館市役所で

 北海道新幹線開業を記念し、函館市と青森県弘前市の友好の懸け橋として昨年誕生した「純米大吟醸原酒 巴桜(ともえざくら)」が、2年目の今年も24日に発売される。

 函館のコメ農家、立蔵義春さん(62)が栽培した酒造好適米「吟風」を弘前市の六花酒造で仕込んだ。名前は函館港の別名「巴港」と、弘前が全国に誇る「桜」からつけている。

 昨夏は台風が北海道を相次いで襲い不作も心配されたが、前年並みの収穫量を確保。1月に仕込みを始め、昨…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです