メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

栗原市長選 汚染牧草、焼却か堆肥化か 処理「やれることから」 /宮城

トラクターで汚染牧草入りロールをトラックに積み込む菅原さん=栗原市で、2015年11月20日

 白雪を抱く栗駒山に連なる山や、丘陵のふもとに牧草地が点在する栗原市北部。約30頭の牛を飼う繁殖牛農家、菅原実悦さん(68)は、6年前の春と同じように牧草地に堆肥(たいひ)をまいていた。牛の飼育を始めて12年の菅原さんだが、放射性物質に汚染された牧草の処理を巡る行政の対応に、今も不満を抱き続けている。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1350文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです