メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月亭方正さん

津幡町の広報特使に 「特産品や歴史で落語を」 /石川

石川県津幡町の矢田富郎町長(右)から手渡された広報特使の委嘱状を見せる落語家の月亭方正さん=同町役場で、石川将来撮影

 津幡町は20日、落語家の月亭方正さん(49)=山崎邦正から改名=を町の広報特使に委嘱した。町内のイベントなどに参加し、PR活動に努める。委嘱式で方正さんは「町の特産品や歴史を取り入れた創作落語に挑戦したい」と意気込みを語った。

 津幡町は方正さんの義母の出身地。昨年8月、親戚が営む同町の寺で落語会を開いた際に、かねてから方正さんに広報特使を依頼する機会を探っていた矢田富郎町長(67)が直接打診し、方正さんも快く引き受…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです