衆院区割り

瀬戸市長が反対表明 「コミュニティー壊れる」 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選挙区画定審議会による区割り改定案
衆院選挙区画定審議会による区割り改定案

 衆院小選挙区の区割り改定案が19日勧告され、瀬戸市北西部の「十軒家投票区」を7区から6区に移すとされたことを受け、同市の伊藤保徳市長が20日記者会見した。「到底受け入れられない。関係する6、7区の自治体に呼び掛けて早急に対応策を考えたい」と改めて反発する姿勢をみせた。【花井武人】

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文764文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集