メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表敬訪問

EPAで来日の6人・比女性が江南市長を 介護福祉士目指す /愛知

沢田和延・江南市長(中央)を表敬した、介護福祉士を目指すフィリピン人女性たち=江南市役所で

 EPA(経済連携協定)に基づきフィリピンから来日し、江南市内の施設で働きながら介護福祉士を目指している女性6人が、同市の沢田和延市長を表敬訪問した。

 6人は20歳から30歳で、全員が自国では看護師の資格を持つ。日本語の研修後、昨年11月から社会福祉法人「サンライフ」傘下の介護老人保健施設「フラワーコート江南」と特別養護老人ホーム「第2ジョイフル江南」で働いている。

 サンライフの堀耕一理事とともに市役所を訪れた。1人ずつ日本語で自己紹介すると、沢田市長は「日本語がうまいですね。目標の介護福祉士になれることを期待しています」と激励した。懇談では「日本は食べ物がおいしい」「100円ショップが大好き」などと話す6人に、沢田市長は「江南は藤がきれいです。日本の文化にも接してください」と地元をPRしていた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. なりすましで予約取り消し、客を「横取り」 客引きを偽計業務妨害容疑で書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです