メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

口蹄疫

発生から7年 教訓忘れず、警戒強化 韓国で2月に確認、似た状況 /宮崎

口蹄疫が発生したことを想定した訓練で消毒ポイントなどを確認する県職員

県が防疫演習 複数農場で感染想定

 県内で口蹄疫(こうていえき)が発生してから7年がたった20日、県は複数の農場で感染が発生したことを想定した防疫演習を実施した。韓国では今年2月に口蹄疫が相次いで確認されており、県は「7年前も宮崎での発生前に韓国で口蹄疫が確認され、状況が似ている」と警戒を強化している。

 口蹄疫は牛や豚、ヤギなど足のひづめが偶数に分かれている動物「偶蹄(ぐうてい)類」が主に感染するウイ…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1328文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです