メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

認知症と社会

 認知症の高齢者は2012年時点で推計約462万人。25年には最大で約730万人になるという試算もある。高齢者だけでなく、若い世代でも増えている。就労の手助けや、外出時の支援はどうあるべきか。26~29日には京都市で、認知症に関する「国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」が開かれる。

 認知症を巡って社会が変化を迫られている背景には、診断技術の進歩によって発症を早期に発見できるようになった事情がある。初期段階で診断された若い認知症の人が多く現れ、声を上げている今、「高齢で重度で、ものも言えない」という認知症についての従来の疾病観は様変わりしている。若い認知症の人を支援する必要性が浮き彫りになっており、国や社会に発想の転換が求められている。

 40年ほど前に私が養母を介護していた頃、当時で言う「痴呆症」の人は妄想があったり、失禁したり、他人の物を盗ったりする「恍惚(こうこつ)の人」だった。もちろん当時も初期の段階はあったが、道に迷ったり、物忘れしたりといった軽度の状態を世の中は「年寄りとは、こんなものだろう」とみて意識していなかった。私が養母を初めて病院に連れて行ったのも、スリッパで踏みにじられた大便を自宅の廊下に見付けたからだ。想像…

この記事は有料記事です。

残り4038文字(全文4563文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  4. 広島に同行した官邸記者が聞きたかった首相の本音 「核のない世界」への決意は…

  5. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです