メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

中満泉さん=国連の軍縮担当上級代表(事務次長)に就任する

中満泉さん

 「シェークアップして(揺さぶって)」。そう言って国連事務総長は就任を要請した。新しい試みを恐れない勇気に裏打ちされた指導力を見込まれた。「部下が怖くて手を出せないことをやり、挑戦する空間を作ってあげることが重要です」

 大学院修了後、国連難民高等弁務官事務所に入った。1991年の湾岸戦争中、トルコとイラクの国境地帯に派遣。イラクから脱出しようとするクルド人が、雪の残る山の急斜面で凍えていた。苦境に、衝撃を受けた。

 ボスニア紛争(92~95年)では、クロアチアやセルビアの民兵たちと、ライターで火がつくほど強いサクランボの蒸留酒を飲みながら交渉した。敵対するイスラム教徒を守るために国連が来たとの誤解を解き、難民保護への協力を取り付けるためだ。「国連は宗教や民族に関係なく、保護を必要とする人を支援する」。熱弁で説得した。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです