メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家じまいの作法

元気な間に片付ける大切さ

 「何で俺が金払って、こんなことせなあかんねん」。6年ほど前のことです。ある高齢男性が、神戸市内のマンションで孤独死しました。現場に着いた30代くらいの息子さんはえらく怒っていて、遺品整理のため訪れていた私を前にぼやいていました。息子さんが幼い頃に離婚し、20年近くも疎遠だったとのこと。「遺品? 全部捨てといてくれ」。ぶっきらぼうにそう言いました。しかし、押し入れの奥から出てきた子供用の剣道の道具を見た途端、表情が変わりました。「これ……」。おそらく息子さんが子供の頃に使っていたものだったのでしょう。しばらくじっと見つめていました。「他にも、写真とか無かったかな」。急に態度が変わった息子さんは、ゴミの中に父の思い出を探し始めました。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文803文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです