メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第4部 続・マンション漂流/2 「雇われ理事長」活用

マンションの管理組合の理事会に出席する安部靖弘さん(右から2人目)。「雇われ理事長」に就任して6年になる=福岡市中央区で、安高晋撮影

 「各戸の玄関扉が古いので交換してみてはどうです。国の補助金が出ますよ」。福岡市中央区の丘陵に建つ小規模マンション。2月にあった管理組合の理事会で、安部靖弘理事長(70)が提案した。だが安部さんは住人ではない。住民の要望で派遣された「雇われ理事長」だ。

 住民間のルールを決め、積立金を集めて共同生活を維持する管理組合。しかし、高齢化で役員のなり手不足が著しい。マンションの老朽化で修繕の必要性が増す中、手法を巡って住民が対立し、組合が機能不全に陥る事例も目立ち始めた。専門家は「住民と建物の『二つの老い』が管理不全マンションの急増を招く」と警告する。

 国土交通省が対策の切り札と期待するのが外部専門家の活用だ。昨年、管理規約のモデル「標準管理規約」を…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1307文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです