メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「パラッパラッパー」 PS4でリメーク グラフィックがハイビジョン対応に

「パラッパラッパー」のゲーム画面 (C)Sony Interactive Entertainment Inc.(C)Rodney A.Greenblat/Interlink

 1996年に初代プレイステーションで発売されて人気を博した「パラッパラッパー」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)がPS4向けにリメークして発売された。音楽ゲームというジャンルを切り開き、テレビアニメにもなった人気タイトルだ。

 主人公はニット帽がトレードマークのパラッパだ。ヒロインのサニーちゃんのハートを射止めるため、数々の困難になぜかラップで立ち向かっていく。玉ねぎ頭のタマネギ先生や、熊のパジャマ を着ているP.Jベリーなど個性的なキャラクターも登場する。

 ゲームは、画面を流れるボタンにあわせて、リズムにあわせてタイミング良くコントローラーを操作してラップを刻んでいく。道場や自動車教習所、フリーマーケットなど、さまざまなシチュエーションの全6ステージが用意されている。

 PS4版は、ゲーム内容はそのままに、グラフィックがハイビジョン対応に刷新された。PS4 Proを4Kテレビに接続した状態でプレーすれば、PS4でプレーするよりもさらに高解像度なグラフィックを楽しめる。

パラッパラッパー(PS4) CEROレーティングA(全年齢対象) ソニー・インタラクティブエンタテインメント 1800円(税抜き、パッケージ版・ダウンロード版とも同じ)4月20日発売

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 疫学調査 魚たくさん食べる人、うつ病リスク半減
  2. ORICON NEWS 『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か
  3. 小池知事 希望の党、2月に商標出願「誰かに取られる…」
  4. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
  5. 麻生太郎氏 ヒトラー発言撤回 釈明と反論も展開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]