メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

靖国神社に真榊奉納、高市氏は参拝 春季例大祭

靖国神社の春季例大祭に合わせて安倍晋三首相が奉納した真榊=東京都千代田区で2017年4月21日、宮武祐希撮影

 安倍晋三首相は21日午前、東京・九段北の靖国神社で始まった春季例大祭で、供え物の「真榊(まさかき)」を奉納した。首相は23日までの例大祭期間中の参拝を見送る見通しだ。一方、高市早苗総務相は21日午前に参拝した。

     高市氏は「総務大臣 高市早苗」名で記帳し、玉串料を私費で納めた。

     首相の真榊は「内閣総理大臣 安倍晋三」名で供えられた。私費で納めたとみられる。菅義偉官房長官は21日の記者会見で「私人としての行動なので、政府としての見解は控えたい」と述べた。

     首相は2012年末の政権復帰後、靖国神社を参拝したのは13年12月の1回のみ。【松倉佑輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    2. 衆院選 自公で177議席当確 過半数確実な情勢
    3. 衆院選 菊田真紀子氏に当確 金子恵美氏を破る 新潟4区
    4. 衆院選 開票速報 各局が豪華布陣 テレ東「池上無双」今回も
    5. 石川・昆虫館 背筋ぞくぞく…生きたゴキブリ触れます

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]