メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜の世界白書

収入は?動機は? 性風俗業界、初の報告書

GAPが発行した「夜の世界白書」

 性風俗業界で働く女性のセカンドキャリア支援に取り組む一般社団法人「GrowAsPeople」(GAP、東京都)は、女性たちの収入や働き始めた動機などを尋ね、初の報告書「夜の世界白書」にまとめた。20代初めまでは月の約半分働いて、手取り80万円以上と高収入だが、年を重ねるごとに激減。多くが将来に対して漠然とした不安を感じており、職業についても「誰にも知られたくない」と考えていることが分かった。

 調査は2015年4月~16年3月に実施。ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)で働…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです