メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾン

次は生鮮即配 独自物流網で最短4時間

生鮮品や専門店の商品を扱う新サービスを始めたアマゾンのウェブサイト=同社提供

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは21日、有料会員向けに生鮮食品や日用品に加え、菓子や精肉など専門店の商品約10万点を販売する新サービス「アマゾンフレッシュ」を始めた。当面は東京都内の一部地域に限定し、独自の物流網で注文から最短4時間で届ける。流通大手なども手がけるネットスーパーの機能と百貨店のグルメ商品を合わせ、顧客の拡大を狙う。

 アマゾンはこれまで宅配大手のヤマト運輸にインターネット通販の配送を依頼し、「即日配送」など荷物の増加が問題となった。今回、アマゾンは独自の物流網を構築したほか、配送先を東京都心の港、千代田、中央など計6区に限り、追加料金をとることで新サービスを実施する。

 新たに扱うのは、野菜や鮮魚を含む食品や洗剤などの日用雑貨のほか、東京の有名店「人形町今半」の精肉や大阪の人気ロールケーキ「堂島ロール」など27専門店の品々。年会費3900円の「プライム会員」が対象で、6000円以上の注文で配送料が無料。30日の無料期間後は追加で月500円が必要となる。

 川崎市の倉庫に一定の在庫を確保し、鮮度を保つ独自の配送網で顧客へ手渡しする。サービスは米英の一部地域でも始まっており、同社は「まとめ買いすれば店舗に何度も足を運ばなくても家に届くので利便性は高い。顧客の反応を見ながらサービスの拡大を進めたい」としている。【竹地広憲】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]