メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅の危機、その訳はアジア由来菌の感染症

イモリツボカビに感染したファイアサラマンダー。口の周りの皮膚に炎症がある=研究チーム提供

病原菌イモリツボカビ アジアのイモリの一部には耐性

 【ブリュッセル八田浩輔】日本を含むアジア由来の菌による感染症が原因で、欧州に生息するイモリが絶滅の危機に追い込まれている。ベルギー・ゲント大などの研究チームが国内で感染が確認された森で追跡調査を続けた結果、半年で約9割の個体が減り、2年後には1%未満になった。チームは絶滅を防ぐため自然生息地以外での保全を呼びかける。

     20日付の英科学誌ネイチャー(電子版)で発表した。

     それによると、2010年代半ばから病原菌イモリツボカビによる感染症で、欧州に分布するイモリの仲間ファイアサラマンダーが激減。研究チームは調査で、ファイアサラマンダーはこの菌に感染すれば10日間で9割近くが死ぬことを確認した。菌は水中や土壌のほか寄生する生物でも毒性を維持して繁殖を続けるという。チームは「前例のない脅威」だとして、保全のため欧州全土での緊急行動計画の策定を訴えている。

     日本の国立環境研究所などの先行研究によると、菌はアジア由来で、イモリなどがペットとして輸出される中で欧州に広がったとみられる。アジアのイモリの仲間の一部には耐性が確認されている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
    2. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
    3. 豊洲移転 来春から来秋にずれ込む 都方針
    4. 山本担当相 秘書官作成メモ「既に廃棄した」
    5. 九州豪雨 熱々の支援お届け 福岡・朝倉の避難所

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]