食欲の衝動

視覚とつながる神経回路 遺伝研助教ら発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 食べものを見ただけでつい衝動的に食べたくなる気持ちは、目で見た情報を食欲に転換する脳内の神経回路が原因になっていることを、国立遺伝学研究所の武藤彩(あきら)助教らのグループが熱帯魚のゼブラフィッシュの稚魚を使った実験で明らかにした。

 こうした食欲の衝動は、本能なのか生後の経験なのか解明されていなかった。赤ちゃんが何でも口にくわえたがる行動や、ダイエットがなかなか成功しない理由も、こうした神経回路が原因になっている可能性がある…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

あわせて読みたい

注目の特集