メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1審取り消し、出資者の請求棄却 大阪高裁

 経営破綻した「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県)の和牛商法事件を巡り近畿の出資者9人が旧経営陣らに約1億6600万円の賠償を求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁(山田陽三裁判長)は20日、元取締役と元監査役に賠償を命じた1審・大阪地裁判決を取り消し、出資者の請求を棄却した。

     山田裁判長は、牧場の元社長らが繁殖牛が不足していたのに出資を続けさせたと指摘する一方、元取締役は不足について知らず、「違法な営業を止めるのは困難だった」と指摘。元監査役についても違法な契約を見抜くのは容易ではないとして、賠償責任を否定した。

     昨年5月の大阪地裁判決は2人の注意義務違反を認定し、元取締役に約1億6600万円全額、元監査役に約7000万円の賠償を命じていた。【原田啓之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上自衛隊 戦車が市街地パレード 香川
    2. 陸上 桐生祥秀10秒08 出雲大会
    3. フィギュアスケート 村上佳菜子引退 14年ソチ五輪代表
    4. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
    5. 中居正広 香取慎吾に「子供いたんだって?」 スマステでSMAP解散後初共演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]