メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

宇野が首位、羽生は7位 世界国別対抗戦SP

男子シングル・ショートプログラムで唯一、100点を超えた宇野昌磨の演技=東京・代々木競技場で2017年4月20日、手塚耕一郎撮影

女子SP 史上初の80点超、世界歴代最高得点で首位

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、東京・国立代々木競技場で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で世界選手権覇者の羽生結弦(ANA)はジャンプのミスが重なって83.51点にとどまり7位だった。世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)が103.53点で1位。

 女子SPは世界選手権5位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が72.10点で3位、樋口新葉(東京・…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです