メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菜種油

南相馬で生産 福島大支援、サミットで発表 /福島

 福島大などは南相馬市に菜種油の搾油施設を開設し、地元の農業団体による生産拡大に協力する。同市で22、23日に開かれる会議「全国菜の花サミット」で発表される予定で、東京電力福島第1原発事故の被災地の農業再生に向けた取り組みを全国に発信する。

 会議は同市で菜種油を生産する「南相馬農地再生協議会」と、滋賀県近江八幡市の市民団体「菜の花プロジェクトネットワーク」などが共催。愛知、鹿児島などの自治体や農業関係者が参加する。

 同協議会は原発事故翌年の2012年から、南相馬市内の遊休農地で菜の花の栽培を開始。収穫した菜種油を原料に食用油やマヨネーズを商品化した。16年からは英国の大手化粧品メーカー「ラッシュ」がせっけんに加工し、今年から数十カ国で販売するなど用途が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです