メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

桑名石取祭、保存会の商標巡り 元会長、商品販売差し止めを /三重

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「桑名石取(いしどり)祭の祭車行事」(桑名市)を巡り、運営団体である「桑名石取祭保存会」の商標権を持つ、市内の元保存会長の男性(67)が、現在の保存会長を相手取り、保存会の名が入った商品販売などの差し止めを求める訴訟を21日までに津地裁四日市支部に起こした。

 訴状や関係者などによると、かつての保存会は祭事会場「春日神社」の下部組織で氏子の代表が会長を兼ねていた。2005年ごろ、祭礼の運営を巡り、神事を重視する神社側と保存会の役員との間で対立が表面化した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです