メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

能島村上家

由緒明確に 毛利氏の書状を発見 村上博物館で公開 /愛媛

萩藩主が能島村上家に「船手」の職務継承を認めた古文書。高級和紙に記され、大切に保存されていた=愛媛県今治市の村上水軍博物館で、松倉展人撮影

 村上水軍の主要家系の一つ、能島(のしま)村上家の十七代当主、村上文朗(ふみお)さん(77)=山口県周防大島町=方で、萩藩主が同家当主に海上警護役の職務継承を認めた江戸期の古文書など未調査の史料約600点が見つかった。今治市の村上水軍博物館が21日に発表した。「能島村上家の由緒を示す貴重な史料」という。

 文書類は歴代の当主が木製の文箱(ふばこ)に保管。昨年10月に今治市であった「村上海賊の記憶」の日本…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです