メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界国別対抗戦 羽生フリー1位 日本首位

男子フリーの演技を終え、ミスに顔をしかめる羽生結弦=東京・国立代々木競技場で2017年4月21日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は21日、東京・国立代々木競技場で第2日が行われ、男子フリーで世界選手権覇者の羽生結弦(ANA)が演技後半に3本の4回転ジャンプを決めて200・49点で1位となった。世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)は4回転ジャンプの転倒があって198・49点で2位だった。この大会はショートプログラム(SP)とフリーの合計点は争わない。

 アイスダンスのフリーは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が最下位の6位ながら92・68点で自己ベ…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 木下優樹菜が活動自粛 タピオカ店に暴言騒動「仕事ができる状態ではない」(スポニチ)

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです