メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界国別対抗戦 200点超え、羽生1位 男子フリー終え、日本トップ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は21日、東京・国立代々木競技場で第2日が行われ、男子フリーで世界選手権覇者の羽生結弦(ANA)が演技後半に3本の4回転ジャンプを決めて200・49点で1位となった。世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)が4回転ジャンプの転倒があって198・49点で2位だった。この大会はショートプログラム(SP)とフリーの合計点は争わない。

 アイスダンスのフリーは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が最下位の6位ながら92・68点で自己ベ…

この記事は有料記事です。

残り1862文字(全文2091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです