メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第4部 続・マンション漂流/3 孤独な理事長連携

「理事長は孤独。相談できる仲間の存在は大きい」と話すRJC48代表の応田治彦さん(右)=東京都足立区で、根岸基弘撮影

 「植栽業者の選定で迷っています」。「RJC48」のインターネットの会員制掲示板に相談の投稿が寄せられた。すぐに助言が返ってきた。「A社は積極性がない。B社は対応が細かい」「管理会社が紹介する業者以外とも比較を」。投稿者からお礼の返事が書き込まれた。

 RJC48は首都圏のマンション管理組合の理事長を中心にした約260人の集団。「RiJiCho」(理事長)のアルファベットの頭文字を取って団体の名称にした。平均年齢は40歳で現役世代が大半を占める。タワーマンションの住民も多く、北海道や大阪から参加する人もいる。

 投稿は実名が条件だ。マンション管理士やコンサルタントのような「プロ」の参加は断っている。2012年…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです