メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵政

損失4000億円規模、連結決算で一括処理検討

日本郵政グループの業績推移

豪の物流会社の業績不振に伴い

 日本郵政が、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、最大4000億円規模の損失を17年3月期連結決算で一括処理する検討に入った。当初想定した利益を下回る状態が続いているため。来週の取締役会で正式決定する見通し。海外事業の損失を一掃し、国際物流事業の立て直しを進める。

 対象となるのは、日本郵政傘下の日本郵便の子会社「トール・ホールディングス」。トール買収に際して将来…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです