北朝鮮ミサイル

着弾想定の住民避難訓練 都道府県に要請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は21日、都道府県の危機管理担当者を集めた説明会で、北朝鮮の弾道ミサイルの着弾を想定した住民避難訓練を行うよう要請した。政府は3月、秋田県男鹿市でミサイル着弾を想定した住民避難訓練を行っていたが、全都道府県に要請したのは初めて。避難先をあらかじめ決めずに住民が臨機応変に対応する訓練や退避が間に合わない住民がいるケース、自動車運転中の…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集