メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国境税」に慎重姿勢 ドル高進行を懸念

 【ワシントン清水憲司】ムニューシン米財務長官は20日、ワシントン市内での討論会で、下院共和党が検討する「国境(調整)税」について「特に為替への影響を懸念している」と述べ、慎重に対応する考えを示した。

     国境税は法人税改革の一環として、品目にかかわらず、輸出を免税扱いにする一方、輸入を課税強化する。輸出を促進し、輸入を抑制する効果を見込み、国内生産拠点の増強を期待する。

     ただ、輸出が増えると、海外企業が米国製品購入のため、従来以上にドル資金を必要とするため、外国為替市場でドル高が進む可能性が指摘されている。ムニューシン氏はドル高につながる事態への懸念に加え、課税強化の分だけ、輸入が多い生活必需品の価格が「特に上がってインフレになる。これも心配だ」と述べた。

     国境税について、減税を見込む輸出企業は賛成だが、増税になる輸入企業は反対に回るなど産業界を二分している。トランプ大統領は「『輸入税』と呼びたい」として、米国製品に対し他国が課す関税に対抗する形で、個別品目に課税する案に関心を示している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クローズアップ2017 都議選告示 自民、逆風に危機感 支持率低下重し
    2. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見
    3. 司馬遼太郎記念館 「竜馬がゆく」自筆原稿を発見
    4. 陸上 サニブラウン「地上最速を目指す」…1日に高校卒業(スポニチ)
    5. 小林麻耶 初めて公の場で闘病の麻央を語る「妹は本当に強い」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]