メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報機関襲撃、2人死亡 ハバロフスク

=共同

 ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)の極東ハバロフスクの庁舎に21日午後、何者かが押し入り、来庁者用の待合室で発砲、職員1人と来庁者1人が死亡した。FSBは容疑者について、地元出身の1999年生まれの少年で、ネオナチ団体に所属していたと説明。少年はその場で殺害された。ロシアメディアが報じた。

     ロシアの情報機関で発砲事件が起きるのは異例。死亡した来庁者は旧ソ連圏出身の外国人で、当時待合室にいた別の来庁者1人も負傷した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日清食品 「ギョーザラブうどん」5月8日に発売
    2. 現金出品 ヤフオクも禁止に メルカリと同じく
    3. 山辺容疑者 「投資話はうそ」 熊本県警、詐欺容疑も視野
    4. 森友交渉記録 財務省、不適切廃棄の可能性 検査院が指摘
    5. 人生相談 結婚予定ない私に「やばいね」=回答者・渡辺えり

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]