メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェア開幕300万本咲き競い 富山・砺波

色鮮やかなチューリップを観賞する地元の園児たち=富山県砺波市で2017年4月21日、共同

 チューリップの球根栽培が始まり今年で100年目となる富山県砺波市で21日、赤や黄の鮮やかな色が咲き誇る毎年恒例の「チューリップフェア」が開幕した。主催者の公益財団は「長い時間をかけて開発した色とりどりの花を楽しんで」と魅力をアピールする。

     会場の砺波チューリップ公園や周辺には約700品種約300万本が並び、大型連休にかけて見頃を迎える。今年は21万本の花で数字の100をかたどった地上絵も展示する。5月5日まで。

     白やピンクなどの花で彩られた壁の間を通る展示「花の大谷」では、多数の観光客が足を止め、鮮やかな色合いに見とれていた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 結婚予定ない私に「やばいね」=回答者・渡辺えり
    2. 大阪 難波一等地にエディオン、関西旗艦店 旧精華小跡地
    3. 特集ワイド エンゲル係数、4年連続上昇 「食」に映る社会のSOS
    4. 現金出品 ヤフオクも禁止に メルカリと同じく
    5. ひたち海浜公園 ネモフィラと菜の花が競演 茨城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]