メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

面積の目安廃止、建設費も倍増 内閣府が新基準

 内閣府は今月から、災害時に建設されるプレハブなどの仮設住宅の広さや建設費の基準を見直した。1戸あたり29.7平方メートルを標準としていた面積の目安を廃止したほか、建設費も2倍以上に引き上げた。

     見直し後は面積は示さず、広さや間取りは「地域の実情、世帯構成などに応じて設定」すると定め、被災自治体が柔軟に建設しやすいようにした。建設費も266万円以内としていたが、東日本大震災の被災地で、建設済みの仮設住宅に防寒対策や風呂の追いだき機能などの追加工事が必要となったことなどを踏まえ、551万6000円以内に引き上げた。

     新基準は3月31日に告示され、今月1日から適用された。【金森崇之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 与謝野馨さん78歳=元官房長官、元財務相
    2. 連続企業爆破事件 大道寺死刑囚が死亡 東京拘置所で
    3. 競泳 瀬戸大也、飛び込みの馬淵優佳と結婚
    4. 亀田製菓 せんべいに金属片、食べた女児が口内をけが
    5. 水崎綾女、カンヌから世界へ 遅咲き28歳「実感湧かない」 (スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]