メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀座の路上4000万円被害 バッグ奪い3人組逃走

強盗事件があった現場周辺を調べる警視庁の捜査員=東京・銀座で2017年4月21日午後3時10分、本社ヘリから

 21日午後1時半ごろ、東京都中央区銀座5の路上で、杉並区の自営業の男性(44)が男に襲われ、7200万円が入ったバッグを奪われた。男は現金の一部を落としたため、奪われた現金は4000万円とみられる。男はバイクに乗った2人組の仲間と逃走したとみられ、警視庁築地署が強盗容疑で行方を追っている。

 同署によると、男性は銀座で貿易関係の取引を終え、バッグ二つを持って1人で歩いていたところ、いきなり男に背後から体当たりされた。男は倒れた男性の腹部を蹴って7200万円が入ったバッグを奪い、走って南方向に逃走した。男性にけがはなかった。現場の数メートル先には男の仲間とみられる人物がバイクに乗って待機していたという。

 現場近くの防犯カメラには、走って逃げる男の後をスクーター型のバイクに乗った2人組が、追いかけるような姿が映っていた。同署は、2人組は男の仲間とみている。男は青いジャンパーにジーパンを着用。バイクの運転手は白いヘルメットをかぶり、黒っぽい服を着ていた。

 現場は東京メトロ銀座駅近くの繁華街で、飲食店などが建ち並ぶ通称「すずらん通り」の一角。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
  2. 今村復興相 記者会見で激高、謝罪
  3. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
  4. 社説 今村復興相、暴言で辞任へ 内閣の緩みはすさまじい
  5. クローズアップ2017 今村復興相辞任へ 政権「ゆるみ」深刻 首相、擁護で傷口広げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]