メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1億2000万年前 最古のスッポンの化石

福井県勝山市の断層から発見された約1億2000万年前のスッポンの化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2017年4月21日、立野将弘撮影

 福井県勝山市の県立恐竜博物館で来月7日まで約1億2000万年前のスッポンの化石が展示されている。博物館の研究員らが今月中旬、専門誌(電子版)に発表した論文では「同種化石では世界最古」としている。

     2002~10年の調査で同市の恐竜化石が発掘される地層で見つかった。肩や骨盤の一部などで、現在生息するものとほぼ同じ形という。

     研究員らは東アジアから世界に広がったことを裏付ける発見としており、「日本の化石研究が世界的な価値を示した」と興奮気味。入館者の心もスッポンのようにつかんで離さない?【立野将弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名鉄犬山線 電車が男性の上を通過 泥酔状態で寝たまま
    2. 特集ワイド 松田喬和のずばり聞きます 石破茂・自民党元幹事長
    3. ORICON NEWS グッチ裕三、メンチカツ“ステマ”騒動を謝罪「認識不足でした」
    4. 安倍首相 「こんな人たち発言」陳謝 衆院予算委
    5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]