メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比嘉の打球直撃、観客の男性4針縫うけが 

 フジサンケイ・レディース初日の21日、比嘉真美子(23)が競技中、打球が観客の男性の頭部に当たった。男性は出血して救急搬送されたが、意識ははっきりしており、治療で4針縫った後に帰宅したという。

     日本女子プロゴルフ協会(LPGA)によると、事故があったのは第1ラウンドの5番ホール(パー5)。比嘉は第2打で約150メートル先のグリーンを狙ったが、打球がそれて、コースの規制線の外にいた愛知県豊橋市の男性(39)に直撃した。

     比嘉は救急搬送される男性に付き添おうとしたが、競技続行を促されて最終18番ホールまでプレーした。1アンダーの35位タイで競技を終えた比嘉は「ショックで頭が真っ白になった。申し訳ない」と話していたという。LPGAは競技中の打球の行方には注意するよう呼びかけている。【上鵜瀬浄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    3. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
    4. ネット公開捜査 「実は少年」見た目での判断難しく
    5. アキラ100% 椎名桔平の付き人だった 2カ月で“逃亡”を告白

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]