メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比嘉の打球直撃、観客の男性4針縫うけが 

 フジサンケイ・レディース初日の21日、比嘉真美子(23)が競技中、打球が観客の男性の頭部に当たった。男性は出血して救急搬送されたが、意識ははっきりしており、治療で4針縫った後に帰宅したという。

     日本女子プロゴルフ協会(LPGA)によると、事故があったのは第1ラウンドの5番ホール(パー5)。比嘉は第2打で約150メートル先のグリーンを狙ったが、打球がそれて、コースの規制線の外にいた愛知県豊橋市の男性(39)に直撃した。

     比嘉は救急搬送される男性に付き添おうとしたが、競技続行を促されて最終18番ホールまでプレーした。1アンダーの35位タイで競技を終えた比嘉は「ショックで頭が真っ白になった。申し訳ない」と話していたという。LPGAは競技中の打球の行方には注意するよう呼びかけている。【上鵜瀬浄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 与謝野馨さん78歳=元官房長官、元財務相
    2. 連続企業爆破事件 大道寺死刑囚が死亡 東京拘置所で
    3. 競泳 瀬戸大也、飛び込みの馬淵優佳と結婚
    4. 亀田製菓 せんべいに金属片、食べた女児が口内をけが
    5. 水崎綾女、カンヌから世界へ 遅咲き28歳「実感湧かない」 (スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]