メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生200点超え 世界国別対抗・フリー

男子フリーで演技する羽生結弦=東京・国立代々木競技場で2017年4月21日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は第2日の21日、東京・国立代々木競技場で行われた。男子フリーで世界選手権覇者の羽生結弦(ANA)は200.49点で、出場12人中ショートプログラム(SP)上位の6人を残した時点で首位に立った。最初の4回転サルコウが1回転になり、終盤に試みたトリプルアクセル(3回転半)も1回転半になるミスはあったが、それでも200点の大台は超えた。

 羽生は前日のSPではジャンプのミスが重なり7位にとどまっていた。世界選手権2位でSP首位の宇野昌磨(中京大)は最終滑走者として登場する。今大会はSPとフリーの合計点は争わない。

 アイスダンスのショートダンスでは、村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が最下位の6位だったが、92.68点で自己ベストは更新した。ペアSPは須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が54.84点で6位だった。

 大会は日本、ロシア、米国、中国、カナダ、フランスの6カ国が出場して22日まで行われ、各国から男女各2人、ペアとアイスダンスは各1組が出場。SP、フリーそれぞれの順位に応じたポイントにより争う。ペアと女子のフリーは22日に行われる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今村復興相辞任 「東北で良かった」逆手に応援の投稿
  2. 倒産 ワニワニパニックの製造会社KHP、特別清算へ
  3. 今村復興相辞任 力なく「東北の人傷つけた」 復興庁には抗議続々
  4. プレミアムフライデー 「ゴーゴーカレー」食べ放題
  5. 将来推計人口 高齢者「引退」なき時代へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]