メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生フリー1位 宇野2位 世界国別対抗

男子フリーで演技する羽生結弦=東京・国立代々木競技場で2017年4月21日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は21日、東京・国立代々木競技場で第2日が行われ、男子フリーで世界選手権覇者の羽生結弦(ANA)が演技後半に3本の4回転ジャンプを決めて200.49点で1位となった。世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)が4回転ジャンプの転倒があって198.49点で2位だった。この大会はショートプログラム(SP)とフリーの合計点は争わない。

 アイスダンスのフリーは村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が最下位の6位ながら92.68点で自己ベストを更新。ペアのショートプログラム(SP)は須藤澄玲(神奈川FSC)、フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が54.84点で6位だった。

 大会は6カ国から男女各2人とペア、アイスダンス各1組が出場。各種目のSP、フリーそれぞれの順位に応じたポイント合計で争う。第2日を終えて日本は81点で首位。最終日の22日は女子とペアのフリーが行われる。

 ○…村元、リード組は目立ったミスもなかったが演技の出来栄えは評価されず、得点が伸びなかった。それでも村元は「自分の気持ちは100%出せた」。リードが左膝に不安を抱え、今季はプログラムを仕上げることを最優先したものの、世界選手権では23位に沈んだ。スケーティングの基礎技術を磨く必要性に気づかされ、臨んだ今大会はショートダンス、フリーともに自己ベストを更新した。「どんどん調子は上がっている」とリード。浮上の糸口はつかめた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 芦田愛菜 プールの授業から逃げ出したい…25メートル泳げず補習も
  2. 傷害 「歩きスマホが悪い」 駅で体当たり 容疑者逮捕 神戸
  3. 感謝状 「見ず知らず」3人連係プレー 川で3児童救助、竹田さんらに 三郷市 /埼玉
  4. 広島原爆アーカイブ 「近寄るな」軍人、病床で最期の抵抗
  5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]