メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

中村俊輔の強烈ミドル炸裂! 磐田が3得点で鹿島を下し2連勝達成

情報提供:サッカーキング

強烈なミドルシュートを突き刺した磐田の中村 [写真]=Getty Images for DAZN
 2017明治安田生命J1リーグ第8節が22日に行われ、鹿島アントラーズとジュビロ磐田が対戦した。

 15分、中村俊輔が右サイドを駆け上がってきた櫻内渚へ展開。櫻内のクロスに川又堅碁が打点の高いヘディングで合わせ、アウェイの磐田が先手を取る。しかし、先制点の直後にアクシデント発生。GKカミンスキーが西大伍との接触で出血し、GK八田直樹との交代を余儀なくされる。それでも21分、中村のクロスは一度クリアされたものの、こぼれ球を左足ダイレクトで狙う。この強烈なシュートが突き刺さり、磐田がリードを2点に広げる。

 後半に入ると、ホームの鹿島が主導権を握り猛攻を仕掛ける。63分には金崎夢生のクロスからペドロ・ジュニオールに決定機が訪れたが、GK八田の好セーブに阻まれる。68分には遠藤康のスルーパスから金崎がGKと1対1を迎えるも、シュートは枠を捉えることができない。

 すると79分、川又のキープから川辺駿が右足を振り抜くと、このシュートが決まり鹿島をさらに突き放す。

 試合は0-3で終了。磐田は2連勝を飾った。

 次節、鹿島はサガン鳥栖と、磐田は北海道コンサドーレ札幌と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 0-3 ジュビロ磐田

【得点者】
0-1 15分 川又堅碁(磐田)
0-2 21分 中村俊輔(磐田)
0-3 79分 川辺駿(磐田)



【関連記事】
●J1通算20,000ゴールまで残り「1」…メモリアル弾を写真で振り返る
【動画】2017明治安田生命J1リーグ第7節ハイライト
●Jリーグのように「冠スポンサー」を結んでいる海外の1部リーグを調べてみた
●モナコ、熊本地震復興支援マッチを開催 くまモンが始球式に登場へ
● 久保建英がJ初ゴール! Jリーグ最年少得点記録を15歳10カ月11日に更新

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです