メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

純米大吟醸原酒

2年目の「巴桜」先行予約は完売 あす発売 /青森

2年目の「巴桜」を手に笑顔を見せる(左から)北村社長、弘前城ミス桜グランプリの米谷萌美さん、工藤市長、立蔵さん=函館市役所で

 北海道新幹線開業を記念し、北海道函館市と弘前市の友好の架け橋として昨年誕生した「純米大吟醸原酒 巴桜(ともえざくら)」が、2年目の今年も24日に発売される。

 函館のコメ農家、立蔵義春さん(62)が栽培した酒造好適米「吟風」を弘前市の六花酒造で仕込んだ。名前は函館港の別名「巴港」と、弘前が全国に誇る「桜」からつけている。

 昨夏は台風が北海道を相次いで襲い不作も心配されたが、前年並みの収穫量を確保。1月に仕込みを始め、昨…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです