メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

奄美の山彩る希少な花々 アマミエビネ、フジノカンアオイ、リュウキュウハナイカダ /鹿児島

根元にたたずむように開花したフジノカンアオイ

 奄美大島の山々が新芽でもえぎ色に染まり、山中では奄美固有のアマミエビネとフジノカンアオイ、奄美と沖縄だけに生息するリュウキュウハナイカダが咲き誇っている。【神田和明】

 地生ランのアマミエビネは、奄美を代表するランといわれ、薄暗い林床で、地面から高さ約50センチに伸びた茎から白色や紫を帯びた白色の花を咲かせている。園芸採取などによ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです