メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

奄美の山彩る希少な花々 アマミエビネ、フジノカンアオイ、リュウキュウハナイカダ /鹿児島

根元にたたずむように開花したフジノカンアオイ

 奄美大島の山々が新芽でもえぎ色に染まり、山中では奄美固有のアマミエビネとフジノカンアオイ、奄美と沖縄だけに生息するリュウキュウハナイカダが咲き誇っている。【神田和明】

 地生ランのアマミエビネは、奄美を代表するランといわれ、薄暗い林床で、地面から高さ約50センチに伸びた茎から白色や紫を帯びた白色の花を咲かせている。園芸採取などによ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです