連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

急速な高齢化社会=総合研究大学院大学長・長谷川眞理子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=丸山博撮影
=丸山博撮影

人生の終幕に美学を

 日本社会は急速に高齢化している。それは、街を歩いていても車を運転していても、日々感じられることだ。2015年の内閣府のデータによると、日本の65歳以上の高齢人口の割合は26・7%である。それに対して、0~14歳の年少人口は12・7%に過ぎない。外であまり子どもを見ないという実感は正しいのだ。

 高齢化が進んでいると言うと、ヒトという生物の寿命が本当に長くなったという印象があるようだが、そうではない。生物学的に見たヒトの潜在的寿命はもともと非常に長く、ヒトにもっとも近縁な動物であるチンパンジーと比べると、彼らの2倍は生きられるように作られている。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1732文字)

あわせて読みたい

注目の特集