メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『無常の使い』=石牟礼道子・著

 (藤原書店・1944円)

生きとし生けるもの すべてへの愛

 長い小説ならば要約もできるけれども、短いものを集めて、その一つ一つが気持ちの籠もった文章で、そこに語られるのが魂の真実となると、引用だけで書評を組み立てたくなる。

 これは追悼文集である。

 まずはタイトルのこと。

 「五〇年くらい前までわたしの村では、人が死ぬと『無常の使い』というものに立ってもらった。必ず二人組で、衣服を改め、死者の縁者の家へ歩いて行ったものである」と一行目を読んで、この「無常の使い」に引き込まれる。

 たしかに諸行は無常、死は時を定めず誰のもとにも訪れる。故人に縁(ゆかり)の人々は集(つど)って葬儀…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです