メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『毒々生物の奇妙な進化』=クリスティー・ウィルコックス著

 (文藝春秋・1728円)

厳しい生存競争の結果に敬意

 毒に魅入られる人は多い。むろん人を害しようというのでなく、「毒」そのものに惹(ひ)かれる。信じられないほど多様な有毒生物とともにこの本に登場するのは、そういう人たちだ。毒蛇や毒クラゲで死ぬほどの目にあい、それで有毒生物の研究にのめり込んだ研究者から、コブラに咬(か)ませて得られるハイな桃源郷気分を求める人まで。

 ハワイ大学の研究員として有毒生物を専攻する著者は有毒生物を求めて世界を飛びまわり、サイエンス・ライ…

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです