メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

『僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン』=カール・レーブル著

 (音楽之友社・1998円)

 毀誉褒貶(きよほうへん)という言葉は、カラヤンのためにある。そう思えるくらい、この「偉大な指揮者」は自身、他人の証言からも、あまたの本からも実体がつかめない。「今日では誰もが指揮者だと思っている。演出家ではない。この人が変幻自在に至るところで演出家として活躍していたにもかかわらず、だ」と著者は記す。著者が最後に見たカラヤンは、自宅地下のフィルム編集室で自身の演奏…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです