メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『ゲンロン0 観光客の哲学』=東浩紀・著

 (ゲンロン・2484円)

絶望を超える可能性

 「観光客の哲学」と聞けば、わざと外した変化球かと思う。実は、ど真ん中の直球だ。

 東浩紀氏は一九年前『存在論的、郵便的』でデビュー。『動物化するポストモダン』などネット社会に詳しい批評家として広く注目を集めてきた。デビュー作はデリダの読解で、著者の本領は哲学にある。『観光客の哲学』は、その力量を存分に発揮して読み応え十分である。

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. 水上特攻艇「震洋」 造った元船大工「国のため」信条曲げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです