特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『ゲンロン0 観光客の哲学』=東浩紀・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (ゲンロン・2484円)

絶望を超える可能性

 「観光客の哲学」と聞けば、わざと外した変化球かと思う。実は、ど真ん中の直球だ。

 東浩紀氏は一九年前『存在論的、郵便的』でデビュー。『動物化するポストモダン』などネット社会に詳しい批評家として広く注目を集めてきた。デビュー作はデリダの読解で、著者の本領は哲学にある。『観光客の哲学』は、その力量を存分に発揮して読み応え十分である。

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1440文字)

あわせて読みたい

注目の特集