メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『モラルの起源-実験社会科学からの問い』=亀田達也・著

 (岩波新書・821円)

 あなたは災害援助に向かうトラックの運転をしていたとしよう。酷暑のなか、1000キロの食糧を積んで被災地域に向かっている。予期せぬ悪路のために時間がかかることになった。地域の全員に食糧を配ろうとすると確実に400キロの食糧が腐ってしまう。しかし、途中でトラックを止め、地域の70%の住民にすべての食糧を渡すのなら食糧の損失はゼロで済む。あなたは援助者としてどちらの決断をするだろうか。

 総量は減っても被災地域全員に食糧を配るのか、70%の人にしか行き渡らないけれどより多い食糧を配るのか。後者の考え方は、「最大多数の最大幸福」を目指す功利主義的な考え方だ。一方、前者の考え方は「最不遇の立場を最大に改善する分配」というロールズ主義的な考え方だ。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 和田アキ子『アッコにおまかせ!』でギネス記録認定 生バラエティーの同一司会者最長34年357日

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. この国に、女優・木内みどりがいた <6>急逝2カ月半前 パキスタンのスラムで何を見たのか

  5. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです