メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界国別対抗戦 日本、3大会ぶりV 女子フリー、また2人自己ベスト 三原2位、樋口3位

女子フリーで日本歴代最高点で2位の三原=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・国立代々木競技場で最終日が行われ、日本は3大会ぶり2度目の優勝を飾った。2位はロシア、3位は米国だった。

 女子フリーは世界選手権5位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が世界歴代4位、日本女子歴代最高の146・17点で2位。樋口新葉(東京・日本橋女学館高)も世界歴代5位の145・30点をマークして3位。ともに自己ベストを更新した。従来の日本最高は宮原知子(関大)の143・69点。

 1位は世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)で、自身の世界歴代最高得点を更新する1…

この記事は有料記事です。

残り2115文字(全文2382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです