メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第4部 続・マンション漂流/4 行政、押し掛け支援

「再生の成功例を増やしたい」と話すNPO法人「マンションサポートネット」の谷恒夫理事=京都市内で2017年4月14日、小松雄介撮影

 朽ちかけたマンションに手を差し伸べたのは、行政だった。

 京都市北区にある築40年超の4階建てマンション。ひびが目立つ踊り場の床は抜け落ちそうで、住民も「スラムのよう」と目を背けてきた。それが2年前、初の大規模修繕工事にこぎつけた。「これで友達を呼べる」。住民に笑顔が戻った。

 市は2005年度、築30年以上のマンション95件の管理や劣化状況を調査した。現地を訪ね、聞き取りや目視確認も行った。北区のマンションは「要支援」と判定された物件の一つだった。

 市から要支援物件の経過観察を請け負っているNPO法人「マンションサポートネット」(同市)の堀井文子…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです